日本の夏の文化を知る

日本の夏の文化を知る

 日本の夏といえば、数々の夏祭りや花火大会、そして夏の伝統的な衣装である “浴衣 “を思い浮かべます。この時期は、特に日本の文化を間近に感じることができる最高の季節です。私は、日本の伝統的な太鼓の音や、地元のユニークなお祭りに関わる人々のエネルギーや情熱が大好きです。お祭りによっては、太鼓や阿波踊りのどのチームが優れているかを競うこともあります。そのエネルギーの熱量と激しさに素晴らしく心を踊らされます。

 

 東京の夏は一般的にとても暑く湿気も多く大変です。この状況を表すにはホットなヨガスタジオをイメージすると容易に想像できます。しかし、この気候は90分だけではありません、 24時間1か月強、続きます。なぜ日本人の犯罪率はこんなにも低いのでしょうか?日本の伝統的な冷静さと涼しさを保つ方法は、冷たい麺類とかき氷を食べることですが、日本マスターなら風鈴を加えたり、浴衣を着たりします。う~ん、私の頭の中では、この写真は完璧に見えます。

 

 今年は特別な年なので、多くの伝統的なイベントが中止されていることは残念です。しかし、だからといって残りの夏を楽しむのを止めるべきではありません。幸いなことに、日本では公園や野原などの開けた場所で手持ちの小さな花火をするのに、特に許可は必要ありません。また、多くのドラッグストアや食料品店では、夏に花火を販売しています(参考までにパッケージの例を写真で添付します)。

東京のかき氷屋さんをいくつか紹介します。これであなたも、東京の夏の覇者になれますね。

  • 1. ICE MONSTER 表参道 6丁目 150-0001 東京都渋谷区神宮前35-6
  • 2. セバスチャン 〒150-0047 東京都渋谷区神山町7-15  
  • 3. SALON GINZA SABOU 104-0061 東京都中央区銀座2-1丁目地下5階3.

すべてのリストにチェックしましたか?

  • 浴衣  
  • 風鈴 
  • 花火のパック
  • ライターと花火の燃えた棒を持ち帰るための水の入ったバケツ 
  • 冷たいお蕎麦を食べる
  • かき氷屋さん
  • 阿波踊りを習う.2022年の夏祭りに備えて) 
  • 禅のプロのようにクールに冷静に。

Related Posts

Arigato Japanとの「築地フードマーケットツアー」

Arigato Japan Food...

Continue reading

シールは動物ではない

...

Continue reading

東京のおすすめ語学学校5選

...

Continue reading

Join The Discussion