日本の生活費が高いという幻想

 

日本に住みたいと思っていますか?ええ!?そんな質問があるんですか?もちろん、住みたいですよね。新旧の文化と生活水準が混在するこの国に住むことを嫌がる人はいないでしょう。では、何を待っているのでしょうか?さあ、服をまとめて、チケットを予約して、みんなにサヨナラを言って、日本へ飛びましょう。

ちょっと待ってください。日本での生活水準を維持するために、どれくらいの費用がかかるかご存知ですか?

そう、日本はアニメやテーマパーク、東京やラーメンだけではありません。壮大な生活費でも有名でございます。例えば、東京は「世界で最も物価の高い都市トップ10」の常連でもあります。ですが心配無用です!冗談は抜きに、物価に惑わされないようにしてください。日本のどこに住んでいるかによって、生活費を調整することができるのです。

繰り返しになりますが、あなたは日本に住みたいと思いますか?日の出の国、素晴らしいテクノロジー、たくさんのアニメ、桜や季節ごとの樹木、そして豊かな文化。

旅行好きの人たちの行きたいところリストに加えるには十分すぎるほど価値のある場所だと思います。この質問に対する答えが「イエス」であれば、下にスクロールし読み進めてください。この記事はあなたの親友として、日本に住む人の1ヶ月の費用の目安を教えます。

 



VS

生活費の大部分を占める宿泊費と光熱費は、万国共通のものです。10平米程度のお手軽なアパートから、一等地の豪華なアパートまで。また、少しでも住居費を安くするために、東京都心以外の県や郊外、その他の地域で借りるという選択肢もあります。20〜40平方メートルのワンルームマンションで5〜7万円程度。東京都心の同じ広さのアパートの家賃が左京から始まって10万円前後であることと比較すると、かなり安いと言えます。従来のアパート以外の宿泊施設としては、外人ハウスやシェアハウス、ゲストハウスなどがありますが、これは手間がかからず、費用も安く済みます。ガイジンハウス(シェアハウスの古い呼び名)の中には、電気・ガス・水道代が含まれているところもあります。

 

 これで、あなたは泊まる場所を確保し、その費用の目安を知りました。次は、アパートの維持と光熱費です。電気、ガス、水道の3つのビッグスリーがあります。住宅には、ガス給湯器や調理器具があるのが一般的です。最近の住宅では、IHクッキングヒーターもあります。言うまでもなく、電気は最も高い光熱費となります。つまり、電気が使えないと、テクノロジー先進国に住む意味がなくなります。毎月、電気代4,000円、ガス代3,000円、水道代2,000円程度の出費になります。

ここでは、毎月の支出と生活費の目安をご紹介します。

宿泊費と光熱費高額なエリアにある20~40平方の宿泊施設の月額家賃                      50,000円

一般的なエリアで20~40平方メートルの住居を借りる場合、月額                             100,000円

光熱費 85㎡のアパートに2人で住む場合の1ヶ月分(暖房、電気、ガス…)    10,000円 – 20,000円

インターネット                                                                                                                          4,023円

40インチフラットスクリーンTV                                                                                          49,000円

電子レンジ 800/900W (Bosch, Panasonic, LG, Sharp, または同等のブランド)           12,000円

洗濯用洗剤                                                                                                                                  750円

掃除代行の時給                                                                                                                        1,900円

 

さて、住む場所や光熱費などの費用が確定したところで、次はお腹を満たすことについてお話しましょう。日本には、ラーメンや寿司などの本格的な料理がたくさんありますが、食は命です。日本のレストランに行けば、回転寿司のようなご馳走を食べることができ、お腹を満たすことができます。

また、お財布に優しいレストランもたくさんあり、丼物、ご飯、ハンバーガー、ラーメンなどの食事を500円から1000円で提供しています。これらのレストランは、ほとんどのビジネス街や大きな駅にあります。また、コンビニやデパート、屋台などで販売されているお弁当を利用することもできます。また、定食と呼ばれる1000円前後のメニューを提供している店もあります。

食費を節約したいのであれば、地元のスーパーで購入すれば、食費を大幅に削減することができます。ただし、旬の時期に購入することをお忘れなく。また、夕方の閉店間際に、調理済みの商品を割引価格で購入することもできます。ここで重要なのは、平均的な価格や割引の曜日・時間を把握するために、いろいろな店を見て回ることです。基本的には、日本の旬の食材にこだわればこだわるほど、食費は節約できます。

 

食費の目安

ビジネス街でのランチタイムの基本メニュー(ドリンク付き)                     1,000円

ファーストフード店でのセットメニュー                                                               700円

鶏胸肉(骨なし)500g                                                                                              500円

りんご1kg                                                                                                                     800円

ジャガイモ1kg                                                                                                             300円

全脂肪乳 1リットル                                                                                                    200円

卵(大)12個                                                                                                               300円

トマト1kg                                                                                                                     600円

地元産チーズ(500g)                                                                                            1,000円

パン                                                                                                                                200円

スーパーマーケットのビール                                                                                    300円

テーブルワイン(赤)1本                                                                                        2000円

ソーダ                                                                                                                            200円

インターネット

日回線本での生活で次に考慮すべきことは、電話やインターネットなどの接続にかかる費用です。ネットの世界から切り離された仙人のような生活をしたいのでなければ、接続にかかる費用は毎月の支出の一部になります。携帯電話の契約プランは、標準的な2年契約で、月額2000円から6000円の範囲で利用できますが、申し込みには在留カードが必要です。携帯電話機は一括または月単位の分割払いで購入できます。ポケットWifiなどの家庭用インターネット接続サービスは、月額2,500円からご利用いただけます。また、より高速なブロードバンドや光ファイバーを利用するには、月額5,000円からの料金が必要です。モダンリビング東京 www.modernliving.tokyo のように、インターネットが無料で利用できるマンションもあります。 

 

 旅行に行けないなら、日本に移住する意味がない。通勤・通学のための交通手段としては、以下のような選択肢があります。健康志向でコスパの高い交通手段をお探しの方には、サイクリングがお勧めです。日本には多くの駅やショッピングモールの近くに駐輪場があります。また、主な交通手段である路線バスや電車もあります。通勤・通学にかかる費用は月に平均12,000円程度です。

余暇と娯楽

暮らしを楽しむことができなければ、暮らしているとは言えません。そこで、余暇と娯楽についてお話しましょう。なんと、日本ではやるべきこと、楽しむべきことには事欠きません。映画館などの一般的な娯楽は、1000円から2000円程度です。国内外のアーティストによるライブは年に何度も行われていて、価格は7000円から。カラオケは日本ではとても人気があり、ゲーム機にも搭載されています。また、様々なカラオケ店では、1時間200円からの料金で思い切り歌ってライブを楽しむことができます。健康志向の方には、相撲を除いて、スポーツは欧米のスポーツと変わりません。相撲、サッカー、野球などの人気スポーツの座席は、1000円から15000円程度です。ジムやフィットネスクラブの会員になれば、8000円から9000円で健康を維持できます。テニスコートのレンタルは、1時間2000円から3000円。ボウリングは900円から1500円程度です。 また、遊園地やウォーターパークで子供心を満たすこともできます。これらの場所の入場料は2000円から15000円程度です。

 

また、日本は現代性と伝統が見事に融合しています。買い物に出かけて、お財布の経済力を高めることもできます。また、100円ショップに行って、たくさんの割引に飛び込むこともできます。100年前に建てられた神社を歩くのもよし。神社や仏閣は日本中にたくさんあります。お祭りが開催されている場所に行くのもいいでしょう。日本では、一年中、たくさんのお祭りが開催されています。伝統と共にお祭りにはパレード、ダンス、屋台料理、花火、そして神を称える行事がつきものです。日本の素晴らしい、文化的に豊かな催し物で目と心を満たすことができるなら、毎月の交通費12,000円はまだ高いと思いますか?私はそうは思いません。

 

さて、私の友よ、日本に行く準備はできていますか?もちろんです!待っている時間はございません!そして、ただ日本に住むのではなく、日本で賢く暮らすことで、お金を節約しながら楽しむことができます。それではまた、現地でお会いしましょう。

 

Ready to experience Japan? Well, happy searching!